風の祭事記 風の旅人祭り訪問記
風の祭事記

風の祭事記 ~祭り、イベント訪問記~

山中湖アイスキャンドルフェスティバル
(DIAMOND FUJI WEEKS)

2月の山中湖はダイヤモンド富士の撮影スポットとして多くの写真愛好家が訪れます。そんな中、小規模ながら地元の人によりアイスキャンドル等のイベントが行われています。

・場所 : 山中湖畔、平野ちびっこ広場、山中湖交流プラザ「きらら」
・開催日時 : 2月中旬頃の土曜日(2019年2月16日(土))
・スケジュール : ダイヤモンド富士16時半前後、イベントは17時半から
・備考 : 2009年訪問
*開催場所、日時、内容等は年によって異なる場合があります。

広告

*** 山中湖アイスキャンドルフェスティバルの写真 ***

山中湖ダイヤモンド富士ウィークスの写真
ダイヤモンド富士前の湖畔の様子

多くのカメラマンが三脚を並べて待機していました。

山中湖ダイヤモンド富士ウィークスの写真
カメラマンと富士山

この時期ならではの光景です。

山中湖ダイヤモンド富士ウィークスの写真
ダイヤモンド富士

露出がちょっと明るすぎました・・・。

山中湖ダイヤモンド富士ウィークスの写真
アイスキャンドルの点火

ボランティアの人たちが頑張っていました。

山中湖ダイヤモンド富士ウィークスの写真
夕暮れの富士山とアイスキャンドル

富士山の背後の空がきれいでした。

山中湖ダイヤモンド富士ウィークスの写真
アイスキャンドルと花火

5分程度で終わるのであっという間です。

山中湖ダイヤモンド富士ウィークスの写真
暗闇が迫る寸前

段々と富士山が闇に消えていきます。

* 山中湖アイスキャンドルフェスティバルについて *

2月の夕方、山中湖湖畔では異常な光景が繰り広げられています。それはずらっと並んだ三脚と大勢の写真家の人たちが富士山に向けてカメラを向けている光景です。彼らの狙いはダイヤモンド富士と呼ばれる現象です。

ダイヤモンド富士とは、富士山の山頂に太陽が重なる現象の事で、理論的には一年中毎日日の出と日没の二回どこかしらで見ることが出来ます。ただ2月に山中湖湖畔に大勢の写真愛好家の人が訪れるのには理由があって、それは比較的気候が安定しているので高確率で見ることができるということと、日没なので朝早く出かけなくていいことと、後は一番大事なことですが、構図的に目の前に湖が入りうまく収まるからです。

これだけ多くの人が集まるならイベントをやって盛り上げようと考えたのか、山中湖では山中湖からダイヤモンド富士が見られる期間をダイヤモンドウィークスと名付けて、その期間中にアイスキャンドルフェスティバルといったちょっとしたイベントを行っています。

このイベントは名前の通りアイスキャンドルの点灯とほんの少しの打ち上げ花火と上げるといったものです。多大な期待をして訪れるとがっかりするかもしれません。でも絵的にはダイヤモンド富士とその後暗くなっていくときのアイスキャンドルの光景と、打ち上げ花火と三度楽しめるのでちょっと得した気分になれます。

ただ・・・、正直言ってこのイベントと重なるときに訪れると非常に多くの写真愛好家の人がいます。それはいいのですが、なんというか、必死になって写真を撮っているというか、何かに取り憑かれたように写真を撮っているような人も多く、そういう人種に対して免疫が付いていない方からすると「なんなんだこの人達は」と思ったり、場合によっては「邪魔だ」と怒鳴られたりして不愉快な思いをすることもあるかと思います。そういう意味では町中のイルミネーションなどと違って写真が好きな人以外にはあまりお勧めできない部分もあります。旅は楽しくと思うのですが、こういった光景を見ていると楽しい旅と写真撮影は相容れないものなのかなと考えてしまいます。

でも、ちょうどこの時期に富士山周辺を訪れる機会があるのならダイヤモンド富士を眺めてみるのも悪くないと思います。そうそう見られるものでもないですし。それに週末訪れるなら河口湖でウィンターフェスティバルの一環の花火が行われているのでそれを見て帰るのもありだと思います。ダイヤモンド富士に関してのだいたいの時間と場所は公式ホームページに記載されています。といっても現地に行けばずらっと三脚が並んでいるので場所がわからないという事はないと思います・・・。

広告

<風の祭事記 山中湖アイスキャンドルフェスティバル 2009年訪問 - 2019年2月改訂>