風の祭事記 風の旅人祭り訪問記
土浦の雛まつりのポスター

風の祭事記 ~祭り、イベント訪問記~

土浦の雛まつり

日本一のレンコンの産地である土浦では蓮の葉を使った霞蓮雛人形やタニシを使用した霞人形といった独特の人形があり、雛人形とともに楽しむことができます。

・場所 : 土浦まちかど蔵「大徳」・「野村」(土浦市中央1丁目)、周辺商店街など
・開催日時 : 2月上旬から3月3日
・スケジュール : 展示時間は施設、店舗の営業時間内
・イベント内容 : 雛めぐり
・備考 : 2013年訪問
*開催場所、日時、内容等は年によって異なる場合があります。

広告

*** 土浦の雛まつりの写真 ***

土浦の雛まつりの写真
まちかど蔵「野村」

江戸時代後期頃に建てられた蔵です。

土浦の雛まつりの写真
かすみ人形の展示

タニシ(貝)で作った人形です。

土浦の雛まつりの写真
霞蓮雛人形(かれんびなにんぎょう)

土浦独特の人形です。

土浦の雛まつりの写真
霞蓮雛人形の展示

蓮(レンコン)の産地らしい展示です。

土浦の雛まつりの写真
まちかど蔵「大徳」の展示1

とても展示がきれいでした。

土浦の雛まつりの写真
まちかど蔵「大徳」の展示2

建物全体で趣向を凝らした展示が行われています。

土浦の雛まつりの写真
レンコン顔の雛人形

なかなか面白い人形です。

土浦の雛まつりの写真
蓮を利用した人形

茨城ではよく見かけます。

土浦の雛まつりの写真
フクロウの人形

木に沢山のフクロウがとまっていました。

土浦の雛まつりの写真
日本中のひな人形を演示してある福祉の店

普通のお店なのに展示が充実していました。

* 土浦の雛まつりについて *

水戸街道は江戸と水戸を結ぶ街道ですが、途中で霞ヶ浦西端部分をかすめます。ちょうどそこに位置するのが土浦の町です。土浦は街道の要所であると同時に霞ヶ浦を利用した水運にも恵まれ、古くからの城下町であり、町には本陣や旅籠が並び、商業の町として多くの商家や問屋が軒を連ねていました。また水運を利用して醤油醸造業も盛んに行われていて、常陸国では水戸に次ぐ第二の都市として繁栄していたそうです。

その土浦では「土浦の雛まつり」が平成17年から始まり、毎年2月上旬から3月3日のひな祭りの日まで行われます。ここのひな祭りは店などに飾られた雛人形を見て回る形態のひな巡りとなっていて、主に土浦駅の西側で開催されています。百軒以上の協賛店があるから規模は大きいです。

一番の見所は幾つかの蔵が並んでいる通りで、まちかど蔵「大徳」「野村」といった主会場となっている施設があります。特に「大徳」の展示は重厚な感じで、こういった古い蔵に飾られているひな人形は風情があっていいものです。この他にも古い商店などにも飾られていて、歴史ある古き街並みと調和しているおひな様を巡るといった感じで町の散策も楽しめます。

基本的には商家や一般家庭に代々伝わる人形が飾られていて、古いものでは江戸時代のものもあります。そういったひな人形も素晴らしいのですが、ここで興味深いのは土浦独特の人形があることです。土浦と言えば・・・、多くの人が知っているのかどうか分かりませんが、レンコン(蓮根)の日本一の産地です。そのレンコンの形をした人形やつるし雛があったりします。またレンコンの葉の部分、蓮の葉や花たくを使用を利用した「霞蓮雛人形(かれんびなにんぎょう)」があります。これは蝋細工のようというか、ちょっとテカテカした感じのもので、一見の価値があるかと思います。

またひな人形と少し違いますが、霞ヶ浦のタニシで作られた「かすみ人形」や地元の方々が心を込めて作ったちりめん細工なども展示されています。こういったユニークな人形があるのでここの雛人形は見ていて色々と楽しむことができました。

イベントに間しては、特に大きなイベントや特徴的な事は行われていないようです。ふくろう人形作りの体験や琴の演奏や豚汁やおしるこの無料配布、そばのチャリティー販売等が行われているので、訪れた日がそういった日に重なるとちょっと幸運かなといった感じでしょうか。

感想としては、時間の都合でまちかど蔵「大徳」「野村」といった主会場を中心に少ししか見ていませんが、小規模ながら雰囲気のいい蔵や町並みが残り、地域の特産物であるレンコンやタニシを利用した個性的な人形が飾られていたりと結構楽しめました。ただ大都市であり、雛巡りをするにはちょっと微妙な感じかもしれません。取手のように町を挙げてといった感じでもなく、主会場のまちかど蔵「大徳」「野村」以外はあまり人が訪れていない感じでした。

広告

<風の祭事記 土浦の雛まつり 2013年訪問 - 2019年2月改訂>