風の祭事記 ~祭り、イベント訪問記~のバーナー
風の祭事記

風の祭事記 ~祭り、イベント訪問記~

西湖樹氷祭り
(ウィンターフェスティバル)

雄大な富士山をバックに不思議な氷のオブジェ。夜にはライトアップされて幻想的な世界になります。

・場所 : 西湖野鳥の森公園
・開催日時 : 1月下旬から2月上旬
・スケジュール : ライトアップは17時~21時
・備考 : ーーー
*開催場所、日時、内容等は年によって異なる場合があります。

*** 西湖樹氷祭りの写真 ***

西湖樹氷祭りの写真
樹氷祭りの会場

ヒメマスの塩焼きが呼び物です。

西湖樹氷祭りの写真
樹氷祭りの会場

氷のオブジェが並んでいます。

西湖樹氷祭りの写真
氷のオブジェ

鍾乳石のようでビックリです。

西湖樹氷祭りの写真
動物に見えるオブジェ

氷のマンモスとか挑戦して欲しいですね。

* ライトアップ *

西湖樹氷祭りの写真
夜のライトアップ様子

闇の中に浮かんでいました。

西湖樹氷祭りの写真
ドーム型のかまくら

昼間はなんだろうと思っていたのですが、納得です。

西湖樹氷祭りの写真
カラフルな氷

闇に浮かび上がる様子は圧巻です。

西湖樹氷祭りの写真
氷の壁

幻想的な光景の連続です。

風の祭事記に戻る→

* 西湖樹氷祭りについて *

富士五湖の一つ西湖。観光的に一番話題というか、見所がないのが西湖になるでしょうか。その西湖の西側には西湖野鳥の森公園があります。青木ヶ原樹海に囲まれた環境は野鳥の宝庫で、210種もの野鳥が飛来するそうです。この野鳥の森公園では1月下旬から2月にかけて「樹氷まつり」が行われます。

西湖の隣の精進湖、本栖湖は富士山をバックにした日の出のスポットとなっています。初日の出を見に訪れたときにここにも立ち寄ったことがあるのですが、その時は木がむき出しになっている部分が多く、中途半端な感じの状態でした。中からはピーチク、パーチクと声が聞こえ、鳥の巣が凍ってしまって・・・などと思ったのですが、樹氷祭りのために少しずつ凍らせていたようです。

樹氷祭りではまるで鍾乳石のようなよくわからない形をした氷のオブジェが展示してあります。少しずつ水をかけて凍らせたもので、氷柱が大量に合わさった集合体といったような感じでした。形はなくても自然っぽさがいい味を出しています。ただ訪れたときは2日前に雨が降ってかなり溶けてしまい、更に当日の暖かさで微妙に溶けかけていて、まだ朝だというのにあちこちで水がしたたっていました。オブジェの出来には天候次第の部分もあるようです。

この氷のオブジェは自然に出来たものではなく、地道に水を流して氷を増やして製造しているようです。樹氷祭りの会場ではつきたてのお餅が100円とか、西湖のヒメマスの塩焼きが600円と格安の値段で販売していました。こういうもてなしはうれしいですね。寒い中来たかいがあったというものです。

夜になると、この氷のオブジェがライトアップされます。数は多くないので、壮大な感じといった感じではなく、闇に浮かび上がり、神秘的な感じです。光に照らされる氷の透明感ある雰囲気は幻想的な感じでした。また小さなドーム型のかまくらなどもライトアップされていて、それなりに楽しめるようになっていました。

風の祭事記に戻る→

<風の祭事記 西湖樹氷祭り 2010年3月初稿 - 2016年2月改訂>