風の祭事記 ~祭り、イベント訪問記~のバーナー
結城のひなまつりのポスター

風の祭事記 ~祭り、イベント訪問記~

結城のひなまつり

町並みに多くの見世蔵が残り、また文化財の結城紬のふるさとである結城を舞台に行われる雛めぐりはとても魅力的なものとなっています。

・場所 : 結城市街地
・開催日時 : 2月中旬~3月3日
・スケジュール : 展示時間は施設、店舗の営業時間内
・イベント内容 : 雛めぐり
・備考 : ーーー
*開催場所、日時、内容等は年によって異なる場合があります。

*** 結城のひなまつりの写真 ***

結城のひなまつりの写真
小西見世蔵と雛飾り

国登録有形文化財となっている建物です。

結城のひなまつりの写真
会津屋本店

外からでも見やすいです。

結城のひなまつりの写真
酒蔵のお雛様

武勇だったと思います。

結城のひなまつりの写真
雛人形の展示

どこか忘れましたが、くつろげるようになっていました。

結城のひなまつりの写真
店舗に飾られるお雛様

仕事場にそのまま飾った感の強い展示でした。

結城のひなまつりの写真
結城酒造の雛飾り

酒粕も販売していました。

結城のひなまつりの写真
結城藩主水野家の古今雛

道具を含めてとても立派なものでした。

結城のひなまつりの写真
河野商店のお雛様

明治後期のお雛様です。

風の祭事記に戻る→

* 結城のひなまつりについて *

茨城県と栃木県の県境に結城の町があります。結城の町は江戸時代末期頃に水運輸送ルートの拠点商業都市として繁栄していました。その名残として現在でも市街地には蔵造りの建物、見世蔵が31棟も残っています。また名前の通り戦国時代からの大名であった結城氏の縁の町でもあり、結城氏が作り上げた城下町の街割がそのままの残っていたり、菩提寺など古くからの寺社も残っています。

現在の結城と言えば結城紬。昭和31年に国の「重要無形文化財」に、昭和52年に国の「伝統的工芸品」に指定され、2010年にはユネスコ無形文化遺産に登録されるといった世界に認められた伝統工芸品なのです。

そういった蔵が多く、結城紬などの問屋が多い結城の町では2月中旬から3月3日まで店舗や蔵などに展示されたお雛様を見て回る雛めぐりが行われます。イベント的には関連イベントでコンサートが行われるだけですが、町並みに文化財が多く、結城紬関連のお店や古くからの酒蔵も残っているなど普通に散策しても楽しめる町なので、とても魅力的な雛めぐりとなるはずです。

風の祭事記に戻る→

<風の祭事記 結城のひなまつり 2016年2月初稿 - 2016年2月改訂>