風の祭事記 ~祭り、イベント訪問記~のバーナー
取手ひなまつりのポスター

風の祭事記 ~祭り、イベント訪問記~

取手ひなまつり

利根川沿いの宿場町取手宿を中心とした取手ひな祭りでは、園児によるひなパレードなど多くのイベントが行われ、にぎやかな感じのイベントとなっています。

・場所 : 取手市内
・開催日時 : 2月中旬から3月3日
・スケジュール : 展示時間は施設、店舗の営業時間内
・イベント内容 : 雛めぐり、ひなパレード、ひなまつり縁日、演奏など
・備考 : ーーー
*開催場所、日時、内容等は年によって異なる場合があります。

*** 取手ひなまつりの写真 ***

取手ひなまつりの写真
メイン会場となっている市民会館の展示

規模の大きな展示があります。

取手ひなまつりの写真
駅の通路も華やかに

薄暗い通路も彩り鮮やかになります。

取手ひなまつりの写真
田中酒造店の雛飾り

蔵の展示を含めてここは見ごたえがあります。

取手ひなまつりの写真
この地域らしく蓮に飾られる人形

とても可愛らしい人形です。

取手ひなまつりの写真
取手を象徴するふくろう

ふくろうの人形をあちこちで見かけます。

取手ひなまつりの写真
長禅寺のさをり織りを使ったアートな階段

とても色鮮やかでした。

取手ひなまつりの写真
取手本陣での雅楽の演奏と創作踊り

期間中、色々な場所で演奏などが行われます。

取手ひなまつりの写真
アートバザールでの似顔絵屋さん

様々なお店が出展していました。

取手ひなまつりの写真
ひなパレードの主役

お内裏様役は台車での移動です。

取手ひなまつりの写真
パレードの様子

八坂神社までゆっくりと進んでいきます。

風の祭事記に戻る→

* 取手ひなまつりについて *

水戸街道での茨城の入り口、ちょうど利根川を渡ったところが取手の町です。比較的都心に近く、街道沿いに位置している事からベッドタウンとして急激に発展した町です。駅前などを見ても新しい町といった印象が強いのですが、古くから利根川の水運と陸の街道の要所として栄えた町でもあり、さりげなく取手宿の本陣として使われた古い建物も残っています。

その取手では「とりでつるし飾り祭り」というひな祭りが2005年から行われていましたが、2010年からは装いを新たに「取手宿ひなまつり」として開催される事になりました。ひな祭りの規模が一段ステップアップしたというところでしょうか。その後、気がついたら「取手ひなまつり」と名が変っていました。詳しい事情は知りませんが、イベント自体が大きくなり、取手宿があった通り付近ではなく取手全体とまではいかないにしてもかなり広範囲に協力店が広がり、取手宿限定ではなく取手全体といった意味合いでの変更なのかもしれません。

取手ひなまつりは2月上旬から3月3日のひな祭りの日まで行われます。基本的にはお店や公共施設などに飾られた雛人形を見て回るひな巡りとなります。協力店などはパンフレットを見ると108軒と多いのですが、一部の固まった地域にあるのではなく、駅の反対側や更には隣り駅といった遠方にも半数近く点在していて、雛巡りをするには地元の人ならともかく遠方から来た観光客には辛いものがあります。

ただ駅から本陣のある本陣通り付近には見所が多く、田中酒造店などの古い建物があり、蔵を利用した展示を行っていたり、メイン会場や人形店、ギャラリーや商工会館などがあり、この周辺だけでも楽しめるかなといったところでしょうか。ちなみに駅の地下道にも吊し雛が飾ってあってちょっとビックリしました。味気ないコンクリートの道もちょっと華やかな感じがしていいですね。

イベントとしては、公開抽選で選ばれたお内裏様、お雛様たちと幼稚園児によるひなパレードがハイライトになるでしょうか。結構賑やかな行列で、ワイワイガヤガヤといった感じでお内裏様とお雛様を乗せた山車を先頭に大勢の園児が独特の衣装で駅前から八坂神社までパレードし、お祓いを受けます。

このほかにも期間中には多くのイベントが行われます。取手本陣で日本の伝統芸能が行われたり、ギャラリーで演奏会が行われたりするので、せっかくならその日にあわせて訪れるといいかと思います。また年によって違うので注意が必要ですが、決められた土日に「取手ひなまつり縁日」と「とりでえきまえアートバザール」が行われます。駅前の大師通り周辺を歩行者天国にして多くの出店が出たり、餅つきなどといった定番行事や駅前のロータリーでジャズの演奏といった事も行われます。

アートバザールはアート作品の出展やパフォーマンスが行われるといったもので、芸術は爆発だ・・・といったような物が並んでいたり、分かりやすい似顔絵描きなどが出展していました。長禅寺前の階段がさをり織りでアートに彩られているのもその一環です。ちなみに長禅寺には日本でも数少ないサザエ堂があり、毎年4月18日のみ内部を公開しています。

感想としては、イベントの多い日に訪れたので色々と楽しかったです。やはりお雛様を巡るだけではなく、何か一緒にイベントもあるとより楽しめるのかなと感じました。そういう意味ではイベントの多いこのひな祭りはお勧めです。ただ、雛巡りをするには都会過ぎるし、新しい町並みだし、何より広範囲に広がりすぎていて、精力的に回ってみようかなといった気力が湧きませんでした。色々と都会ゆえの開催の難しさがあるような気がしますが、町を挙げてのイベントになりつつありますし、今後知名度も上がっていくのではないでしょうか。

風の祭事記に戻る→

<風の祭事記 取手ひなまつり 2012年1月初稿 - 2016年2月改訂>